プランナー奥井です(^^)

GWの余韻もそろそろ消えゆく頃ですね。
皆さま、有意義な時間を過ごされましたでしょうか。

私は普段放ったらかしの子供孝行!?に親孝行?!さらに自分孝行?!から親友孝行!?
とアクティブに過ごさせて頂きました(^▽^)


そんな孝行三昧、京都・龍安寺に行ってきました。


NEC_4124



ご存知の方も多いかもしれませんが、龍安寺といえば写真の石庭が有名。

以前、こちらの石庭をイメージしてプランをした事が有ったのですが
恥ずかしながらテレビや写真などでしか見たことがなかったので、今回訪れて来ました。

イメージでは一分の隙もない厳格で厳かな印象でしたが
実際に訪れてみると思ったよりこじんまりした空間だった事が以外だったのと
その空間に反して実に泰然自若と言いましょうか、大らかで飾り気のない姿が
(と言っても、毎日きちんと手入れされていると思いますが)雄大で不思議な安心感を得る事が出来ました。

出来れば時間制限のない時に一人で訪れて
しばし「ぼぉ〜〜〜〜・・・」っと過ごしてみたいなぁと思いました。


NEC_4125



こちらは石庭を囲う塀を外から眺めたもの。

油土塀と言われ、菜種油を練りこんだ土で作られているそうで独特の風合いが楽しめます。
今は歴史を感じさせる趣ある風合いに仕上がっていますが当時はどんな表情を見せたんだろ・・・と興味が湧いて来ました。


本当はもっと素敵なんですが、
表現できていなくて残念です(≧▽≦)



こちらは龍安寺にある西源院の園路。
立ち入る事は出来ませんでしたが、この手前に門が有り
そこから垣間見える空間は実に奥行き感がありました。

ここ何メートル程ある様に見えますか?
実はほんの数メートルなんですよ。

外構でも狭い空間をデザインする時に、
あえて園路を設けたり高さのある植栽を配して
奥行き感を演出する事がありますが、
まさにそのお手本の様な空間でした(*^^*)
NEC_4127
NEC_4128


最後にこちらは併せて訪れた金閣寺の・・・
お手洗い前の園路(^ー^)

昔ながらの材料で作られているのに、とてもモダンな印象にびっくり!!
(☆▽☆)
写真では分かりづらいのですが、一番奥には苔むした手水鉢が配されてます。勿論、実用ではなくオブジェの様な感じで♪

こんな見る人も限られる空間まで、手を抜かない感性。
「素敵やなぁ〜〜(*^。^*)♪」
ただ手を洗いに来られたみなさんにちょっと怪訝な視線を送られつつも
一人コーフン気味にカメラを向ける私でした(^ω^)


こんな風に小さなびっくりやワクワクを居り込んだプランをモットーにして来たつもりですが「今の自分は大丈夫!?」と再確認。
心新たに頑張ろうと思っております(((o(*゚▽゚*)o)))


同じ様にびっくりやワクワクをご希望の皆さま♪
一緒にお家周りを素敵にして参りましょう。
心よりお待ちしております。